第四弾カードパック「神々の騒乱」で追加実装される新カードを

S~Eまでの6段階で評価しました!

ガチャやデッキ構築の際の参考にどうぞ。

Sランク

円卓の騎士・ガウェイン

カード名 カードの特徴
円卓の騎士・ガウェイン
【ロイヤル】
4コストで3/4のレジェンド。
攻撃時に自分の手札にある指揮官・カードのコストを-1する上にエンハンス6で +1/+1して突進を持ちます。
このコスト軽減効果によって強力な指揮官カードのコストを下げ、中盤から切れ目のない猛攻を仕掛けます。
不滅の英雄・ローラン
【ロイヤル】
7コストの4/5レジェンド。
守護持ちな上に、ファンファーレで自分の場に「不滅の聖剣・デュランダル」がない場合、「不滅の聖剣・デュランダル」1つを場に出します。自リーダーと、フォロワーすべてへの「相手のフォロワー、スペル、アミュレットが与える5以上のダメージ」が、すべて4ダメージになるのでOTKや超越キラーとしてこのカードは高い採用率を誇ると思われます。
魔導の巨兵

【ウィッチ】

6コスト6/6のレジェンド。
相手の能力で選択できない上に、ファンファーレで手札の土の印アミュレットをすべて捨て、捨てた土の印・アミュレット1枚につき+2/2するという効果を持ちます。能力選択不可でこれだけ大きいスタッツを持つ土ウィッチ待望のフィニッシャーカードです。
水竜神の巫女
【ドラゴン】
5コスト4/5のレジェンド。
ファンファーレ:5ターン目以降(5ターン目も含む)なら、自分のPP最大値を+1する。さらに覚醒状態なら、自分のターン終了時、自分のリーダーを3回復というシンプルに強力なフォロワー。中盤に回復しつつ最大の強みであるPPブーストをできる点が高評価。
ベルフェゴール
【ヴァンパイア】
4コスト4/4のレジェンド。

ファンファーレでカードを2枚引き、その後、復讐状態でない場合に自分のリーダーの体力が10になるようにダメージを与えます。

コストに比べて高いステータスに2ドローだけでも高評価ですが、自傷効果によって必ず復讐になれるのでメアリーや復讐効果持ちカードなどとのコンボにも繋げられます。

メイルストロームサーペント
【ヴァンパイア】
8コスト5/5のレジェンド。

ファンファーレでメイルストロームサーペント1体を出すという効果を持ちます。

復讐状態ならば、これを場が上限になるまで繰り返すという脅威の展開力を誇るカードです。

バフォメットの効果対象なので手札に揃えやすい点やブラッドムーンとの相性などコンボ性に富む点も高評価。

ヘヴンリーイージス
【ビショップ】
9コスト8/8のレジェンド。

他のカードの効果を一切受け付けないという特殊な能力を持つ大型フォロワー。

(このフォロワーへのダメージは0になる。このフォロワーは、他のカードの能力(攻撃力/体力への能力は除く)を受けない。)

圧倒的な除去耐性と高スタッツによって、ビショップの新フィニッシャーとして活躍が期待できるでしょう。

ブラッドムーン
【ヴァンパイア】
3コストのアミュレット。カウントダウン4

ファンファーレで自分のリーダーは(体力が11以上でも)「復讐」状態になる。このカードが場にある間は体力のリスクを背負わずに復讐能力を起動できるようになるのでヴァンパイアデッキの中心カードとなるでしょう。

ジャングルの守護者
【エルフ】
5コスト4/5のゴールドレア。
守護を持つ上にエンハンス10を消費すればファンファーレでジャングルの守護者1体を出し、さらにその後、自分のジャングルの守護者すべては疾走を持つ。中盤に守りを固めるのにも使えるので攻守両面に優れたカードです。
ライトニングブラスト
【ドラゴン】
6コストのスペル。
相手のフォロワー1体か相手のアミュレット1つを消滅させる。さらにエンハンス10を消費した場合、相手のフォロワーすべてとアミュレット全てを消滅させる。コストは重いが超強力な除去カード。消滅なのでラストワード持ちにのネクロを克服できるようになった。
 バフォメット
【ヴァンパイア】
 2コスト2/1のシルバーレア。
ファンファーレで攻撃力5以上のヴァンパイア・フォロワーをランダムに1体、自分のデッキから手札に加えるサーチ性能が便利です。さらにエンハンス5を消費すれば、サーチしてきたカードのコストを-3という超優秀な能力を持ちますので、セクシーヴァンパイアなどの大型フォロワーのコストを下げるコンボが期待されます。

 

Aランク

エルフクイーン

カード名 カードの特徴
エルフクイーン
【エルフ】
7コスト6/6のレジェンドですが、ファンファーレで自分のリーダーを自分の墓場の枚数と同じだけ回復して、自分の墓場を0にするという珍しい能力を持ちます。
墓地をコントロールしやすいエルフデッキなので、状況によっては凄まじい回復量を誇るエルフの切り札級のカードです。
ウロボロス
【ドラゴン】
8コスト8/4のレジェンド。
ファンファーレで相手のリーダーか相手のフォロワー1体に3ダメージを与え、ラストワードでは自分のリーダーを3回復し、その後ウロボロス1枚を手札に加えるというアルティメットキャロットの超強化版。何度も再利用できるのはいいが、コストの重さがネックとなる。
イスラーフィール
【ニュートラル】
9コスト8/8のレジェンド。

ファンファーレで自分のリーダーを4回復し、攻撃時には相手のリーダーと相手のフォロワーすべてに2ダメージという攻守ともに優れたニュートラルのフォロワー。どのデッキに入れても一定以上の仕事をする。

ゼウス
【ニュートラル】
10コスト5/10レジェンド。

コストこそ重いですが、疾走に必殺、守護と盛りだくさんの能力は臨機応変に使い分けられるので強力。局面ごとで十分な働きをする便利なカードとなるでしょう。

魔将軍・ヘクター
【ネクロ】
7コスト5/6のレジェンド。
ファンファーレで場が上限枚数になるまで「ネクロマンス3:ゾンビ1体を出す」をくり返し、その後、ターン終了まで自分のほかのフォロワーすべては
攻撃力が+2されて突進を持つ。ネクロマンスが重いですが、展開とバフを併せ持つ性能は魅力的です。
クリスタリア・エリン
【エルフ】
6コスト4/6のゴールドレア。
守護に加えて、ファンファーレで自分のリーダーを3回復。さらにエンハンス8を消費すると自分のEPを1回復という膠着した終盤戦に嬉しい効果が目白押し。
援護射撃
【ロイヤル】
5コストのアミュレット。
自分の場に指揮官・フォロワーが出るたび、相手の場にフォロワーがいるならランダムな相手フォロワー1体に、いないなら相手リーダーに「その指揮官・フォロワーの攻撃力の値」と同じダメージ。指揮官ロイヤルデッキの中心となるカードです。
ラハブ
【ドラゴン】
4コスト2/5のゴールドレア。
守護を持つ上に、自分のターン終了時、「自分の残りのPPの値」と同じ数だけ攻撃力を+1するというユニークな性能を誇る。状況を見てPPブーストと組み合わせればかなり強いでしょう。
破魂の少女
【ネクロ】
2コスト2/2のゴールドレア。
ファンファーレでネクロマンス4を消費して、相手の進化後フォロワー1体を破壊する。墓場の消費が重めなのでミントとのコンボで使いたい。
不死の大王
【ネクロ】
7コスト4/5のゴールドレア。
ファンファーレでワイト2体を出す。ラストワードではワイトキング1枚を手札に加え、そのコストを0にするという強力な展開力が高評価。
愛の悪魔・ガレット
【ヴァンパイア】
2コスト2/2のゴールドレア。
相手は能力で愛の悪魔・ガレットを選択できる時、愛の悪魔・ガレットしか選択できないという特殊な能力で、他のフォロワーを守るのに役立つ。すぐに除去されがちなメアリーなどを保護するのに便利。
苦罰の審判者
【ビショップ】
6コスト3/5のゴールドレア。
ファンファーレで体力3以下の相手のフォロワー1体を消滅させ、カードを1枚引く。相手のフォロワーを消滅させながらドローできるので状況を打開できるカードです。
激震のオーガ
【ニュートラル】
8コスト6/6のゴールドレア、進化後6/6
ファンファーレで相手のリーダーか相手のフォロワー1体に3ダメージ。進化時にも相手のリーダーか、相手のフォロワー1体に3ダメージを与えるので合計6点のバーンダメージを狙えるフィニッシャーカードです。
ゾンビパーティ
【ネクロ】
2コストのスペル。
相手のフォロワー1体に3ダメージ。エンハンス7でその後、ゾンビ3体を出す。序盤の除去スペルとしても後半の展開としても優秀。
風の軍神・グリームニル
【ニュートラル】
3コスト2/3守護のゴールドレア。
エンハンス10を消費すれば、ファンファーレで相手のリーダーと、相手のフォロワーすべてに1ダメージを4回与える点が優秀。それでなくても3/2/3守護というのが序盤の守りに最適なので試合を通じて腐ることのないカードでしょう。
ルミナスメイジ
【ロイヤル】
5コスト2/3シルバーレア。
ファンファーレでルミナスナイト1体を出す。このフォロワーが場にいる限り、自分の指揮官・フォロワーはEPを消費せず進化できる。悪くない効果ですが、ロイヤルは他の5コストフォロワーが強力なので、採用数はそれほど増えなさそうか。
変異の雷撃
【ウィッチ】
6コストスペル。
相手のフォロワーすべてを燃えネズミに変身させる。自分にダメージが入ってしまうので、コントロールデッキで使うのは自殺行為だが、アグロ系のダメージソースとしては使える可能性がある。相手依存なのは気になるが、守護なども突破できるのは大きい。
聖なる弓使い・クルト
【ビショップ】
2コスト2/2のシルバーレア。
自分のリーダーが回復するたび、相手のリーダーに2ダメージを与える。エイラやペガサスの結晶像と組み合わせることでOTKクルトデッキも視野に入る。
ルミナス騎士団の旗印
【ロイヤル】
3コストのアミュレット。
自分の場に指揮官・フォロワーが出るたび、それを+1/+1する全体強化アミュレット。指揮官のみではあるが他に条件なく+1/+1してくれるのはそれなりに強力なので、指揮官ロイヤルの台頭の鍵となるかも。
大鎌の竜騎
【ドラゴン】
3コスト2/2のブロンズレア。
必殺を持ちながら、ファンファーレ 覚醒状態ならば疾走も付く。後半に相手の大型フォロワーを3コストで除去できるのは優秀。
力比べ

【ニュートラル】

3コストのアミュレット。カウントダウン2

このアミュレットが場にある限り、お互いのフォロワーすべてと新たに場にでたフォロワーすべては相手の場に攻撃できるフォロワーがいるならリーダーを攻撃できない。モルディカイやイージスなどの「破壊されない」フォロワーが場にいると2ターンの間鉄壁の守りを作れます。

風読みの少年・ゼル
【ドラゴン】
2コスト2/2のシルバーレア。
進化時に覚醒状態なら、自分の他のフォロワー1体は疾走を持つ。低コストながら他の大型フォロワーに疾走という強力な能力を付与できるのは非常に大きいです。
ソウルドミネーター
【ヴァンパイア】
7コスト4/6のゴールドレア。
疾走をもちつつ他のフォロワーが破壊されるたび、+1/+0する。最終盤に他のカードで守護を除去しつつ、バフ効果をでフィニッシュする動きが期待されます。
ゴブリンプリンセス
【ニュートラル】
5コスト2/1のシルバーレア。
ファンファーレでゴブリン2体を出し、さらにラストワードでゴブリンキング1枚を手札に加える。1枚で複数墓場を稼げる上、強力カードのゴブリンキングを手に入れられるのは大きい。中盤のつなぎとして使えそうなコスパの高いカード。
人喰いの庭

【エルフ】

3コストのアミュレット。カウントダウン2

相手のフォロワーが自分のリーダーを攻撃する時、そのフォロワーに2ダメージ。アグロなどの足止めに非常に役立つものの、コストと短めのカウントダウンがやや難点か。局面を見て出したいカード。

 

Bランク

深き森の異形

カード名 カードの特徴
深き森の異形
【エルフ】
8コスト8/8のレジェンド。
攻撃時 相手のリーダーを攻撃したなら、相手のリーダーの体力が0になるようにダメージを与えるという一見強力なカードですが、コストの重さとエルフに疾走付与カードが無い点がネック。
魂の番人・ミント
【ネクロ】
4コスト3/4のレジェンド。
ファンファーレで、このカードが場から離れるまで、ネクロマンス効果を墓場消費0で発動できるようになる。デスタイラントの無償降臨などといったコンボが期待できるが、素出しでは真っ先に除去されるでしょう。
ダークジャンヌ
【ビショップ】
6コスト5/5のレジェンド。
ファンファーレで他のフォロワーすべてに2ダメージ。
その後、他のフォロワーすべてを+2/+0する。効果は非常に強力ですが、ビショップの6コスト帯にはテミスの審判などのライバルとなる必須カードが多いのがやや難点です。
キャプテンヴァルフリート
【ロイヤル】
8コスト5/5のゴールドレア。
コストは重いですが、ファンファーレで自分のほかのフォロワーすべての攻撃力と体力を+2し、自分の兵士・フォロワーすべては守護を持つ。コストこそ重いですが、超強力な全体強化能力を持つのでフォロワーを多数展開するロイヤルデッキの切り札となるか。
キャプテン・リーシャ
【ロイヤル】
3コスト2/3のゴールドレア。
自分の兵士・フォロワーすべては、「フォロワー、スペル、アミュレットの能力によるダメージは0になり、能力で破壊されない」を持つ。この能力は、このフォロワーが場を離れる時失われる。全体除去に弱かったロイヤルの対策カードとして期待できます。
死神の手帳
【ネクロ】
4コストのアミュレット。カウントダウン2

あなたのターン終了時、あなたのデッキから自分の最大PPよりコストが低い、ランダムなネクロマンサー・フォロワーを場に出し、それを破壊するという簡易型のネフティスのような効果。ハマれば強力ですが、運要素が強い。

シャドウアサシン
【ロイヤル】
4コスト2/3のシルバーレア。
潜伏と必殺持ち。先攻4ターン目に出しておけば相手の進化後フォロワーを始末できます。
ジョリー・ロジャー
【ロイヤル】
6コスト5/6のシルバーレア。
ファンファーレで守護、突進、必殺の中からランダムに1つを持ちます。付与される効果がランダムなのは難点だが、6コストの指揮官というのが援護射撃との相性○。
骨の貴公子
【ネクロマンサー】
3コスト1/1のシルバーレア。
ファンファーレで自分のフォロワーすべては、「ラストワード スケルトン1体を出す。」を持つ。自分の場にフォロワーが並んでいる時に使えばさらにフォロワーの場持ちがよくなります。
オルトロス
【ネクロマンサー】
4コスト1/2のシルバーレア。
ファンファーレでランダムな相手のフォロワー1体に2ダメージを与える。ランダムな自分の他のフォロワー1体の攻撃力を+2する。不確定要素が多いのであまり安定はしないか。
黄金都市の墓守・ソニア
【ビショップ】
5コスト3/5のシルバーレア。
守護を持つ上にファンファーレで自分の場にほかのフォロワーがいないなら、攻撃力を+1して、このフォロワーへの「フォロワー、スペル、アミュレットの能力によるダメージ」は0になるという効果を持つ(攻撃によるダメージ”はそのまま)。スタッツが高くないので殴って処理されそう。
彷徨の詩人・エルタ
【ニュートラル】
2コスト2/2のシルバーレア。
進化時 お互いのリーダーは「ファンファーレ能力を働かせることができない」を持つ。この能力は、このフォロワーが場を離れるとき失われる。相手のファンファーレ対策や、こちらの骸の王などのデメリットを消せるのは評価できるが、進化が必須であることや除去のされやすさから活躍の場は少なそう。
ネイビーガード・シモーヌ
【ロイヤル】
2コスト2/2のブロンズレア。
ファンファーでエンハンス6を消費した場合、+3/+3して守護を持つ。エンハンス効果のおかげで後半でも役割を持てるので腐りづらいのが利点。ロイヤルの2コストフォロワーの選択肢として十分にあり。
旅ガエル
【ロイヤル】
3コスト1/2のブロンズレア。
自分のターン終了時、潜伏を持つ。という効果によって常に潜伏状態を維持できるので、このフォロワーをバフすることで、相手を一方的に殴り倒す事も可能。潜伏ロイヤルデッキを実用レベルまで引き上げるかもれないカード。
夜の魔術師
【ウィッチ】
3コスト3/2のブロンズレア。
土の秘術を消費し、+1/+1して潜伏を持つ。土ウィッチでアグロ系の戦略を取る際は要になりそうです。相手リーダーに四ターン目に4点与えにいけるのはそこそこ強力。
天輪のゴーレム
【ウィッチ】
4コスト4/3のブロンズレア。
ファンファーレで土の秘術を消費し、相手のリーダーか相手のフォロワー1体に3ダメージ。アグロ型の土ウィッチに組み込むと面白いです。
糸蜘蛛の悪魔
【ヴァンパイア】
2コスト1/4のブロンズレア。
守護持ち。ファンファーレで復讐状態でないなら、自分のリーダーに2ダメージ。序盤に体力4の守護を立てられるのはかなり大きい。後半にメアリーとセットで出せばバーンダメージを与えつつメアリーを保護できる。
オクトパスビショップ
【ビショップ】
4コスト3/4のブロンズレア。
自分のターン終了時、このフォロワーの体力を3回復する。悪くないスタッツを備えつつ、自己回復能力を持っているのは優秀。
エルフの執事・ヴィスト
【エルフ】
4コスト2/5のシルバーレア。
守護を持つ上に自分が元のコスト6以上のエルフ・フォロワーをプレイするたび、このカードのコストを-3にする。スタッツと守護持ちという時点で十分優秀だが、後半に出す必要のあるカードかは疑問。
死月の使徒
【ネクロ】
1コスト1/1のブロンズレア。
ファンファーレで自分の他のフォロワー1体は「守護を無視して攻撃できる」を持つ。守護を無視できる能力はアグロ向きだが、如何せん1コスト1/1という貧弱なスタッツが気になる。
人狼の突撃兵

【ヴァンパイア】

4コスト2/5のブロンズレア。
交戦時に交戦する相手のフォロワーが守護を持つなら、ターン終了まで必殺を持つ。能力自体は悪くないが、ヴァンパイアの4コストは激戦区なので採用率はあまり上がらなそうです。

Cランク

マジカルガール・メルヴィ

カード名 カードの特徴
マジカルガール・メルヴィ
【ウィッチ】
5コスト4/4のゴールドレア。
ファンファーレで自分と相手はカードを手札が7枚になるまで引く。手札切れを解消してくれるが、効果がお互いにかかるので、相手も恩恵を受けてしまうのがネック。
竜識の老魔導士
【ウィッチ】
8コスト4/4のゴールドレア。
ファンファーレ 「ドラゴン」を1体出す。土の秘術を消費すると代わりに「突風のドラゴン」を1体出す。8コストを使ってまで入れたいカードではないと思われる。
不死鳥の乗り手・アイナ
【ドラゴン】
6コスト1/5のゴールドレア。
疾走。ファンファーレ お互いの場の他のフォロワーの数だけ+1/+0するという能力によって最大+9/+0されるのは強力だが、その時々の場に依存してしまうので安定して使いにくい。さらにドラゴンは自分でフォロワーを並べにくいのもネック。
穢れた聖杯
【ビショップ】
8コストのアミュレット。カウントダウン3

ファンファーレ すべてのフォロワーに2ダメージ。ラストワードでサタンズサーヴァント、沈黙の魔将、ディースの裁き、アスタロトの宣告からランダムに3枚、自分の手札に加えるという簡易型サタン。簡易型のくせに8コストと重すぎる上、カウントダウンも長いので使い道があまりない。

癒しの奏者・アンリエット
【ニュートラル】
7コスト4/5のゴールドレア。
ファンファーレで攻撃済み状態の自分のほかのフォロワー1体を、攻撃していない状態にして、体力を上限まで回復するという固有能力が興味を引きますが、コストの割にスタッツが低く、使う局面も難しい。
学院の新入生・ルゥ
【ウィッチ】
2コスト1/1のシルバーレア。
ファンファーレでスペルブーストを持つカードをランダムに1枚、自分のデッキから手札に加える。サーチは強いが、このカード自体はスペルブーストできないのが地味に痛いと思われます。
幻惑の奇術師
【ウィッチ】
2コスト2/2のシルバーレア。
ラストワードで土の秘術を消費し、幻惑の奇術師1体を出す。土の印さえあれば何度でも復活できるカードです。しかし、土の印を単なる2コストフォロワーに使いたくない場合が多いのではと予想できます。
キマイラ
【ウィッチ】
9コスト4/4のシルバーレア。
ファンファーレ相手のフォロワー1体に4ダメージ。スペルブーストでコスト-1。元のコストはかなり重めですが、展開と同時に相手フォロワーを処理できるため、ウィッチのフィニッシャー候補の1枚です。
邪毒の紫竜
【ドラゴン】
5コスト4/5のシルバーレア。
自分のターン終了時、手札からコスト最小のカードをランダムに1枚捨てる。+2/+2する。ターン終了時の効果ということや、カードを捨てるデメリット、守護などを持たないことから採用するのは難しい。
忌刃の戦士
【ネクロマンサー】
5コスト4/5のシルバーレア。
自分の場に他のフォロワーがいるなら、自分の他のフォロワー1体を破壊して、このフォロワーを+2/+2する。強力なラストワードを発動させる起点にもなるが、準備が必要なので使いやすいカードではない。
黒死の仮面
【ヴァンパイア】
2コストのアミュレット。カウントダウン5

自分のリーダーがダメージを受けるとき、そのダメージを0にする。その後、このアミュレットのカウントダウンをそのダメージの分だけ減らす。(黒死の仮面が2枚ある場合、それぞれのカードから減らす。)大きい自傷ダメージを避けたり、自分の体力を守ったりと、ヴァンパイアの体力コントロールに使えるか。

均衡の大梟
【ニュートラル】
4コスト3/3のシルバーレア。
ファンファーレで自分のデッキにニュートラルカードが20枚以上残っている場合、+2/+2するというユニークなもので、発動すれば非常に強力だが、かなり構築が縛られるのが痛い。
蔦の魔弾
【エルフ】
3コストのスペル。
相手のフォロワー1体に3ダメージ。このターン中に(このカードを含めず)カードを2枚以上プレイしていたなら、相手のリーダーに2ダメージ。コストの割にダメージ量が少なく、採用することはないと思われる。
漆黒の鎌使い
【ネクロマンサー】
6コスト3/6のブロンズレア。
必殺を持ちつつ、ラストワードでランダムな自分のフォロワー1体は必殺を持つ。自身の必殺と必殺付与はなかなか強いが、ややコストが重い。
ゴブリンゾンビ
【ネクロ】
3コスト2/3のブロンズレア。
自分のターン終了時、ネクロマンス4を消費して+2/+2する。4/5まで伸びるスタッツは悪くないが、序盤にネクロマンス4はなかなか用意できないので使いづらい。
カオスシップ
【ヴァンパイア】
5コスト3/4のブロンズレア。
ファンファーレでコスト2以下のフォロワーを、自分のデッキからランダムに1枚場に出す。復讐状態なら1枚ではなく2枚場に出す。能力は悪くはないが、特に出したいフォロワーがいない。今後強力なファンファーレを持つ低コストカードが追加されれば化けるかもしれない。
ミストシャーマン
【ビショップ】
2コスト2/2のブロンズレア。
ファンファーレで自分の他のフォロワー1体は、「相手の能力で選択できない」を持つ。2コストフォロワーの貧弱なビショップでは採用されるかもしれないです。
清浄の治療師
【ビショップ】
4コスト3/3のブロンズレア。
ファンファーレで自分のリーダーか自分のフォロワー1体の体力を2回復する。エンハンス6を消費すれば自分のリーダーか自分のフォロワー1体ではなく、自分のリーダーと自分のフォロワーすべての体力を2回復する。回復効果持ちということで、エイラ系のデッキで採用されるか。
ビートルウォーリア

【エルフ】

3コスト2/3のブロンズレア。
ファンファーレ、このターン中に(このカードを含めず)カードを2枚以上プレイしていたなら+1/1して疾走を持つが、手札の消費がきつい上、リノセウスの完全下位互換なので使いみちが少ない。
魔法図書館
【ウィッチ】
2コストのアミュレット。カウントダウン2

自分のターン終了時、スペルをランダムに1枚、自分のデッキから手札に加える。手札の補充とサーチを兼ねられる効果は優秀ですが、2ターン目に盤面に干渉できない点がアグロ環境が進むほどネックに。採用するとしたら土ウィッチか。

 

Dランク

言霊使い・ジンジャー

カード名 カードの特徴
言霊遣い・ジンジャー
【ウィッチ】
9コスト4/4のレジェンド。
ファンファーレでターン終了まで自分の手札のフォロワーすべてのコストを0にする。ターン終了時まで、自分のリーダーは「ファンファーレ能力を働かせることができない」を持つ。ターン終了まで、自分のフォロワーすべてと新たに場に出たフォロワーすべては、相手リーダーを攻撃不能。9ターンにフォロワーを並べられるが、ウィッチには守護や疾走持ちが少ないため無駄行動に終わる可能性が非常に高い。今回のハズレレジェンド枠。
フェアリーケージ
【エルフ】
4コストのアミュレット。

自分がカードをプレイするたび、自分のほかの手札にフェアリーが0枚なら、フェアリー1枚を手札に加える。場を埋めてまで採用するカードではないので、採用率は低そうです。

魔法剣
【ウィッチ】
7コストのスペル。
自分のフォロワー1体を+2/+2する。スペルブーストでコスト-1。非常に攻撃的な効果なので、使うならテンポウィッチになるが、+2/+2が活きる状況は少ないと思われます。
ラースドレイク
【ドラゴン】
5コスト4/4のシルバーレア。
ファンファーレ、他のフォロワーすべてに1ダメージ。エンハンス8で1ダメージではなく3ダメージ。全体ダメージ効果は悪くないが、除去はサラマンダーブレスライトニングブラストで間に合っている。ヴァンパイア相手なら役割を持てるか。
アイアンメイデン
【ビショップ】
4コストのアミュレット。カウントダウン2

自分のターン終了時、ランダムな相手のフォロワー1体に2ダメージ。そのフォロワーを、次のターン攻撃不能にするが、ダメージ量が少なく、対象がランダムなのがネック。4コストならば神魔裁判所の方が優秀。

カリュドーン
【ビショップ】
6コスト4/4のシルバーレア。
突進持ちで、ファンファーレでは自分のアミュレット全てのカウントダウンを1進める。突進で盤面に干渉できるのは嬉しいが同コストのガルラと役割がやや被る上に向こうのほうが優秀か。
ドリアード
【エルフ】
2コスト1/2のブロンズレア。
交戦時、戦闘している相手のフォロワーを-1/-0する。継続して弱体化できるため、2回攻撃すれば2/2も一方的に倒せる点は高評価。ただしエルフの2コストは激戦区であるため、コントロールエルフでもない限り採用は厳しいか。
大掃除
【ロイヤル】
1コストのアミュレット。カウントダウン3

自分のターン終了時、手札からコスト最大のカードをランダムに1枚捨てる。カードを1枚引く。序盤の事故を防げる点が大きいが、序盤以外に役割を持てないのが痛いです。

ヒッポカムポス

【ドラゴン】

進化前は5コスト3/5で守護を持つが、進化後 7/7で守護なし。進化した時のステータスの高さが特徴的ですが、コストの割には地味な能力です。
フロッグバット
【ヴァンパイア】
3コスト2/2のブロンズレア。
自分のターン終了時、攻撃力を+1しますが、体力の低さがネック。優秀なカードの多いヴァンパイアの3コストの中では競争に勝てないのではないでしょうか。
竜殺しの代償
【ドラゴン】
4コストのスペル。
手札をすべて捨て、お互いのフォロワーすべてに5ダメージ。ディスカードドラゴンの除去役だが、中盤以降に手札を捨てて除去しても結局その後展開されて負けるでしょう。
アクアネレイド
【ドラゴン】
3コスト1/1のブロンズレア。
ファンファーレでオルカ1体を出す。2/2のオルカを出したところでどうってことはないのだが、今後のシナジー効果のあるカードの追加によっては活躍する可能性はあります。

Eランク

小さな勇士・スクナ

カード名 カードの特徴
小さな勇者・スクナ
【エルフ】
2コスト2/2のシルバーレア。

進化時、このターン中にカードを3枚以上プレイしていたら、+2/+2するという効果は発動条件が厳しい上、得られる効果も対して強力ではないのであまり期待はできません。

勇猛なるドワーフ
【エルフ】
7コスト6/5のシルバーレア。
交戦時、相手のリーダーに2ダメージ。エルフの後半はリノセウスなどのより強力なフィニッシャーを繰り出す頃合いなので、このカードを出している余裕はないかと思われます。
ヴラド・ドラキュラ
【ヴァンパイア】
5コスト4/5のシルバーレア。
進化後、自分のターン終了時、他のフォロワーすべてに1ダメージ。効果によるダメージ量が低すぎるので採用はされないでしょう。
冒涜の墓場
【ネクロ】
2コストのアミュレット。
相手のターン終了時、ネクロマンス4を消費してゾンビ1体を出す。ネクロマンスの消費が重い上、ゾンビが出るタイミングにもラグがあり、使えなさそうです。
円卓の騎士・トリスタン
【ロイヤル】
5コスト3/4のブロンズレア。
ファンファーレで自分の場に指揮官・フォロワーがいるなら、「ラストワード 円卓の騎士・トリスタン1体を出す」を持つ。指揮官がいない状況で素出ししたらかなり弱いので採用しづらいです。
キラキラヒーラー
【ニュートラル】
3コスト2/3ブロンズレア。
ファンファーレで自分のフォロワーすべての体力を1回復。スペルブーストで回復量+1。リーダーを回復できないとあまり意味が無いので採用される可能性はほぼないです。
ドラゴンの卵
【ドラゴン】
1コストのアミュレット。
覚醒状態なら、自分のターン開始時、自分のリーダーの体力を2回復して、カードを1枚引き、このアミュレットを破壊する。効果自体は悪くないですが、ドローできるまでに時間差がある上に、ドラゴンの構築は激戦区なのでこのカードを採用する枠がない。
生命奪取
【ヴァンパイア】
6コストのスペル。
相手のフォロワー1体に3ダメージ。自分のランダムなフォロワー1体を+3/+3する。6コストで単体に3ダメージは弱いです。バフもできればまだマシですが、自分の場にフォロワーがいなければかなりのコストロスです。
祈りの燭台

【ビショップ】

3コストのアミュレット。
自分がアミュレットをプレイするたび、そのアミュレットのカウントダウンを1進めますが、場や構築を圧迫してまで採用するほどの性能では無いと思われます。
ワイズマーマン

【ニュートラル】

1コスト1/1のブロンズレア。
ファンファーレで自分の他のニュートラル・フォロワー1体を+1/+0しますが、純粋にカードパワーが足りないと思われます。
オウルキャット
【ニュートラル】
2コスト2/1のブロンズレア。
交戦時、戦闘している相手のフォロワーの攻撃力が1だった場合、それを破壊します。活躍できるかどうかが環境や対戦デッキにかなり依存してしまうのが難点で、相手によっては序盤から終盤まで腐る恐れあり。
アックスファイター
【ニュートラル】
3コスト2/3のブロンズレア。

ファンファーレでエンハンス6を消費して+3/+3する。悪くない能力ですが、基本的には各クラスごとの3コスト、6コストフォロワーの方が強力なので採用する理由が特に見当たらない。2Pickでは主力候補。

黄金都市の姫・リテュエル
【ビショップ】
3コスト3/4のゴールドレア。
攻撃時、自分の場に他のフォロワーがいるならランダムな自分の他のフォロワーに、いないなら自分のリーダーに2ダメージ。スタッツこそ平均以上ですがデメリットが大きく使いづらいです。
凍りづけの巨象
【ニュートラル】
3コストのアミュレット。
7コスト以上のフォロワーをプレイするとき、このアミュレットを破壊し、ラストワードでインペリアルマンモスを場に出す。狂信の偶像とのコンボなど、面白い活用法はいくつか思いつくが実用性は低いか。
キュベレー
【エルフ】
3コスト1/4のブロンズレア。
自分のターン終了時、自分の他のフォロワーすべてを+0/+1する。攻撃力をバフできないのはネック。体力のバフは需要が少ないです。

 

 

コメント投稿欄