シャドウバースのルールを解説していきます。

 

不滅の聖剣・デュランダル

 

デッキ関連ルール

 

デッキの枚数と同カードの制限

◇デッキは40枚丁度でなければならない。

デッキに入れられる枚数は40枚。それ以上でも以下でも不可となります。

各クラスの専用カードと、どのクラスで使用可能なニュートラルクラスのカードを組み合わせて作ります。
なお、同種類のカードをデッキに入れられる枚数は、最大3枚までとなっている。

 

シャドウバースのカードの種類

フォロワー

プレイすることで場に出る、攻撃力と体力を持つカード。戦闘を行うと、攻撃力分のダメージを相手に与え、ダメージを受けると体力が減る。体力が0以下になると破壊され墓場に置かれる。一部のフォロワーを除き、場に出たターンは攻撃ができない。

スペル

プレイすることで何らかの効果を発揮した後、場には残らず墓場に置かれるカード。カードによって様々な効果があり、使い捨ての分、速効性があり効果も高めな傾向にある。

アミュレット

プレイすることで場に出るが、フォロワーと違い攻撃力・体力を持たない。場にあることで効果を発揮し続けるものが多いが、中には破壊されることで効果を発揮するものもある。

 

対戦ルール

勝利条件

◇原則、相手の体力を0にすれば勝利。

シャドウバースでは最初に20の体力が与えられる。相手プレイヤーの体力を0にすることが基本的な勝利条件だ。
また、「カードを引けなくなった時に敗北する」という特殊敗北条件も存在する。デッキの残り枚数には注意が必要だ。

 

その他、「栄光のセラフ・ラピス」や「深き森の異形」といった

特殊勝利をもたらすカードも存在する。

 

ゲームの開始時

◇1度だけ初手を交換できる。コストの大きいカードを交換し、低いカードを残すのがポイント。

対戦のスタートと同時に、先攻と後攻がランダムに振り分けられる。
どちらも最初に3枚のカードが配られ、1度だけ任意の枚数の不要なカードをデッキに戻し、引き直すこと(マリガン)が可能だ。

ターンの流れ

◇PPは画面右側に表示されている。

ターンはまず最大PPの増加(上限は10)とPPの全回復を行い、次いで1ドロー(カードを1枚引く)をする。後攻のプレイヤーのみ、1ターン目のドローは2枚となる。その後はカードをプレイしたり、フォロワーで攻撃したりしてターンを進める。

カードのプレイ

◇カード左上にある緑の丸にコストが記載されている。

カードにはコストが設定されており、その数値分のPPを支払うことでプレイするのが基本となる。
カードの種類を問わず、コストが支払える限り1ターンに何枚でもプレイが可能だ。

進化のルール

◇進化ができるのは中盤から。

進化でフォロワーを強化

場に出ているフォロワーは、EPを1つ消費することで進化できる。
進化したフォロワーは、プレイしたターンでも相手フォロワーを攻撃できる他、ステータスが上昇したり、進化時能力が発動するなどの効果が得られる。

進化回数には制限がある

先攻は2EP、後攻は3EPを与えられるが、先攻は5ターン目、後攻は4ターン目からしか進化はできない。また進化は1ターンにつき1度しか行えない。

攻撃のルール

◇ドラッグで攻撃対象を指定できる。

任意の対象を攻撃可能

フォロワーはターン中に1回攻撃することができる。基本的には、相手フォロワーや相手リーダーのいずれかを任意に選択して攻撃が可能だ。

ダメージの計算方法

リーダーなら攻撃力の数値分のダメージを与え、フォロワーが対象の場合はお互いに攻撃力分のダメージを与え合う。

場の制限

◇4体並んでいるので、あと1枚までしか場に出せない。

場に出せる枚数はルールによって上限が設定されており、それぞれのプレイヤーは自分の場にフォロワー、アミュレットカードを合わせて5枚までしか置くことができない。

手札の上限

◇たくさんあるからといって喜んでばかりもいられない。

プレイヤーの手札の上限は9枚というルール。
それ以上のカードを引こうとすると、そのカードは手札に入らず墓場に置かれる。

コメント投稿欄